断層……大地は傷だらけ

  地層や地形には、はるか大昔からの地震の跡が記録されています。本来ひと続きであったはずの地層や地形に、上下や左右への食い違いがあれば、過去に地震活動のあった可能性があります。このような地層や地形のずれを断層と呼びます。人間の身体にたとえれば、断層は大地の傷のようなものです。すっかり治りきってしまった傷跡のように、もう動く気遣いのないものもあります。しかしその一方、いつまた動くかもしれない、治りきっていない傷のようなものもあり、これを活断層といいます。日本列島には、周辺の海底も含めて多くの活断層が刻み込まれており、現在、日本全国で約2000が確認されています。いわば、日本の大地は傷だらけなのです。
  この活断層が動くことによって発生する地震を、陸域の浅い地震と呼んでいます。日本列島の太平洋側では海洋プレートが沈み込んでおり、その圧力で陸地は圧縮され歪みます。圧縮が続きそれ以上歪をもちこたえられなくなったとき、活断層がずれ動いて地震を起こします。  活断層がいつまた動くかもしれないというわけは、陸地の圧縮はいつまでも続くので、動いた後でまた同じ過程を繰り返すからです。断層それぞれで圧縮の程度が違うため、平均的な活動間隔は断層によって異なります。しかしいずれも、千年〜数万年と、人間の一生に比べればはるかに長いものです  
根尾谷断層
1891(明治24)年の濃尾地震は、陸域の浅い地震としては最大規模のものでした。その際、根尾谷を通る全長80kmの大断層が現れ、初めて地表への断層の出現が確認されました。この根尾谷断層の地下断面は、上下約6mの見事な食い違いを示しています。
根尾谷断層

Gaia Website [地震 : <地震はなぜ起こる>]

Page Name : 断層

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.