海洋プレートの沈み込みとプレート間地震

  日本列島の太平洋側の海底には、いくつもの海溝やトラフが連なっています。これらの場所では、海洋プレートが陸のプレートの下に沈み込んでおり、日本ではそのためにプレート間地震が起こります。
  海洋プレートが海溝やトラフに沈み込む際、いっしょに陸のプレートの先端部をひきずり込み、それによって歪んだ陸のプレートの先端部が跳ね上がって地震が発生するのです。発生源が海底にあるため、津波をともないます。   
日本で起こるプレート間地震のしくみと地殻変動
左の図は、1886(明治19)年から1991(平成3)年まで約100年間の四国南部地域の水準測量結果から得られた地殻変動です。室戸岬の変動に注目すると、1946(昭和21)年の南海地震(M8.0)以前は沈降、地震時の大きな隆起、地震後の継続した沈降が読み取れます。この現象は、フィリピン海プレートの沈み込みにともなう地殻変動の具体的な例です。このような地殻変動のパターンの変化の検知は、長期的な地震発生の可能性の評価に役立ちます。
日本周辺のプレート

Gaia Website [地震 : <地震はなぜ起こる>]

Page Name : 海洋プレート沈み込み

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.