地震波の種類と性質  P波、S波、表面波

  地震が起きると、まず震源からP波(たて波)とS波(横波)の2つの地震波が発生します。P波は、地殻の浅いところでは毎秒約6kmの速度で、またS波は毎秒3.5kmの速度で伝わります。P波とS波では伝わる速さが違うため、まず小さな揺れ(P波)を感じ、しばらくして大きな揺れ(S波)が始まります。震源から遠くなるほどこの間隔が長くなります。さらに、震源が浅い地震では、地表面を伝わる表面波と呼ばれる、大きな揺れがS波の後にやってきます。

Gaia Website [地震 : <地震波>]

Page Name : 地震波の種類と性質

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.