必要補強性能
  必要とされる補強量は,必要増加せん断耐力を算定し必要補強部材量を予測する。
凾p=((n+i)/(n+1))×(1/F)×(rIs/(SD'×T')−Is/(SD×T))×Wi
凾p:i階の必要増加せん断耐力 n,i:建物の階数,算定階
F:耐震評価で用いた靭性指標(余裕をみて1.0と仮定する)
Is:既存の構造耐震指標 rIs:補強目標の構造耐震指標
SD,SD':補強前,後の形状指標 T,T':補強前,後の経年指標
 上式を簡単な式で示すと,1階部分を算定すれば(n+i)/(n+1)=1,F=1.0,形状・経年指標変化無しと仮定して
凾p=(rIs−Is)×Wi /(SD×T)  SD=T=1のとき 凾p=(rIs−Is)×Wi
 従って,「補強Q=(目標Is−現状Is)×建物層重量」となります。尚,上層になるほど補強Qの重量に対する割合は増加し,SD及Tが1より小さいほど補強Qは増加しす。
 上記で求めた補強Qを元に,補強する耐震壁の箇所数及びそで壁等の断面積を算定し補強方法を決めます。

Gaia Website [耐震診断 : <耐震補強>]

Page Name :必要補強性能

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.