耐震補強の目標
  耐震補強にあたっては,建物の耐震性能をどの程度まで改善するかその目標を明確に設定する必要がある。高い耐震安全性を要求しても経済面および使用面の制約から飛躍的な改善が難しい場合がある一方,過度に耐震安全性を大きくしても経済的ではないので,適度な改善が望まれることになる。目標とする耐震性能を定量的に示すことは難しいが,耐震診断における構造耐震判定指標 Isoが目安となる。次の2点が補強設計における目標値として推奨されている。
(1)         r Is ≧ α×Iso
(2)         r CTU×rSD ≧ α×0.3×Z×G×U
rIs:補強後の建物の構造耐震指標
Iso:耐震診断における構造耐震判定指標
rCTU:補強後の建物の終局時累積強度指標
rSD:補強後の形状指標
α:設計施工係数(1.0〜1.2)
Z:地域指標  G:地盤指標  U:用途指標
 上式において,学校では Iso=0.7 CTSD=0.3なのでα=1.1とするとrIs=1.1×0.7=0.77  rCTUrSD=1.1×0.3=0.33 となります。
 尚,地震の揺れの周期が0.5秒程度と仮定すると,震度7で地震加速度は880ガルなのでIso=0.9で震度7に抵抗できると考えられる。

Gaia Website [耐震診断 : <耐震補強>]

Page Name :耐震補強の目標

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.