Is値

  Isとは,耐震診断において最終的に算定される,建物の保有する耐震性能を表す指標です。すなわち,このIsにより耐震性能を評価します。IsはIsoより大きいと安全といえます。
    Is=Eo×SD×T,Eo=C×F,C=Qu/W,Qu=C×W
  o,保有性能基本指標:建物が保有している基本的な耐震性能を表す指標 SD,形状指標:建物の平面・立面バランスによる低減係数。 T,経年指標:建物の老朽度による低減係数。 C,強度指標:水平力に対して建物が保有している強度を建物重量で割った値(いわゆる保有せん断力係数) F,靭性指標:建物の変形能力を表す指標(0.8〜3.2)。u,せん断強度:建物が保有している,せん断強度。 W:建物の重量
 SD及Tは係数であるので,SD=T=1.0とすると,Is=Eo×1×1=Eoとなる。建物の変形能力F=1.0とすると,Eo=C×1=CよってIs=Eo=Cとなる。=Qu/W,Qu=C×W,地震力Fk=C×WよりCは建物重量に対する割合でuは水平力に対する抵抗力,FKは地震で起こる水平力である。
 Qu≧FKのときその建物は安全であるといえる。QuもFKもC×Wで算定されWは建物重量で一定値である。従って,建物の安全性はCによってほぼきまることとなる。(実際にはさまざまな要素で決定される)。
  ここで,SD=T=F=1のときIs=Eo=Cであるので,結局Isは地震せん断力係数Cと同様の意味を持つ数値と考えられます。単純に言えばIs=0.7で700ガルの地震加速度に抵抗できると考えられます。目標値であるIsoを1.0として補強すると,1000ガルの地震加速度を起こす地震に抵抗できる建物となります。
  但し,地震の揺れはガルだけでは決まらず,時間を加味する必要が有るのでIs=0.7で700ガルの地震に抵抗できるとは一概にはいえないので,目安であると考える必要があります。

Gaia Website [耐震診断 : <Is値について>]

Page Name : Is値

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.