地震力

 地球内部の変動が,地殻を伝わって地表に現れた動きが地震動である。地震動には,水平動と上下動がある。通常,建築物にとって被害の大きい水平動を考える。
 地震が起こったとき,建物は地震動の方向と逆方向に慣性力を受ける,この慣性力が地震力である。自動車や電車に乗っているとき急加速により体が押される様に感じる力が慣性力です。
   FK=m×α,m=W/g,FK=(α/g)×W,C=α/g,FK=C×W
  FK:慣性力及地震力,m:建物の質量m=W/g,α:地震加速度(ガル) W:建物重量,g:重力加速度(980ガル),C:地震せん断力係数C=α/g
  地震せん断力係数C=地震加速度α/重力加速度g(980ガル)
 g=980≒1000とすると,FK=(α/1000)×Wであり,阪神大震災の最大地震加速度αは818ガルであったので,C=818/1000=0.818,FK=0.8×Wとなり,建物重量の約8割の大きさの水平力に対して,抵抗できれば安全であるといえます。
 地震力FK=(地震加速度α/重力加速度g(980))×建物重量W
 地震力FK=     地震せん断力係数C      ×建物重量W

Gaia Website [耐震診断 : <Is値について>]

Page Name : 地震力

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.