各部材終局耐力算定

  建物が保有する,せん断耐力を算定するため,各部材の終局強度を算定します。
 ここで算定する強度は変形しても元にもどる弾性域の強度ではなく,各部材が壊れる直前の強度,塑性域の強度を算定します。
 RC部材では,柱,袖壁付柱,耐震壁,梁,壁付梁等が有り各部材について算定します。尚RC部材は同時に靭性指標と強度寄与係数も算定。この算定において現地調査の材料強度が反映されます。
 鉄骨部材では,H形鋼梁,トラス梁,H形鋼柱,トラス柱,継手,仕口,筋かい,柱脚等が有り各部材について算定します。鉄骨部材もRCと同様に靭性指標も算定します。
 靭性指標は部材の変形能力の指標で,数値が大きいほど変形能力が有り地震時の水平力を吸収する能力が高いといえます。但し,変形能力だけでは地震力に抵抗できないので,強度も必要となります。
<柱の終局耐力>

Gaia Website [耐震診断 : <耐震診断の内容>]

Page Name : 各部材終局耐力算定

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.