老朽度・圧縮強度算定

  現地調査の結果及資料により建物の老朽度・コンクリート圧縮強度を算定し耐震性能算定に必要な経年指標Tと診断用コンクリート圧縮強度を算定します。
・老朽度(経年指標T)
  RC造1次診断用経年指標Tは算定表により,変形・ひび割れ・火災・用途  年数・仕上についてT値を求め最小値を1次用経年指標Tとする。  RC造2次診断用経年指標Tは算定表により,構造ひび割れ・変形・変質・  老朽化について減点数を算定しそれを集計し下式にて算定する。
  Tn=(1-p1)×(1-p2)    T=(T1+T2+T3・・・・+Tn)/N
  Tn:調査階の経年指標 N:調査した階の数 p1:調査階における,ひび割れ・変形の減点数集計値 p2:調査階における,変質・老朽化の減点数集計値
・診断用コンクリート圧縮強度の算定
  コア採取の圧縮試験結果による圧縮強度と設計図の設計基準強度のうち  小さい方を診断用コンクリート圧縮強度とする。
  コア採取による圧縮強度は
  圧縮強度=圧縮試験の平均値−標準偏差/2
<コンクリート圧縮強度試験>

Gaia Website [耐震診断 : <耐震診断の内容>]

Page Name : 老朽度・圧縮強度算定

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.