現地調査

  現地調査は予備調査・作成図面・既存図面を資料とし,既存図面との照合・老朽化・構造材料強度について調査する。内容は下記の項目が有ります。
・既存図面との照合
  設計図と建物の相違を調査し,現状を把握し耐震性能算定に反映する。
  仕上材調査,全長・スパン調査,階高・階数・スパン数調査,RC壁開口調査部材寸法調査,鉄骨仕口・継手調査等を行います。
・老朽化調査
  老朽化の状況を調査,低減係数算定の資料とし耐震性能算定に反映する。
  コンクリートひび割れ調査,コンクリート中性化調査,鉄筋かぶり厚調査,鉄筋腐食度調査,不同沈下の測定,柱の傾斜測定等を行います。
・構造材料強度調査
  現状の構造材料を調査し,耐震性能算定に反映する。
  コンクリートコア採取,コンクリートコア圧縮試験,鉄筋種別調査,その他構造材料種別調査等を行います。
<コア採取>
<中性化調査>

Gaia Website [耐震診断 : <耐震診断の内容>]

Page Name : 現地調査

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.