耐震性能判定

  建物の持っている耐震性能 Is と,目標値 Iso(Isがどの程度の数値でれば安全であるか)を比較し,調査建物の耐震性を判定する。
Is>Iso=0.6〜0.7(RC1次診断は0.8)のとき安全といえる。
C×SD>0.3のとき安全といえる。
  C×SD>0.3とは,SDは形状低減なので1と考えると強度指標Cが0.3以上といえる。C=Qu/Wなので,最低でも建物重量×0.3の水平力に耐える建物でないと安全とはいえない。
  これはCが0.3以上ないと地震時に変形が大きくなり建物が崩壊するため,規定されています。
  尚,目標値 Iso は本来建物の所有者が設定すべき値で大きくすれば安全性が高くなります。
<既存建物のIs値と被害状況(表の横軸がIs値、縦軸が損傷割合を示す)>

Gaia Website [耐震診断 : <耐震診断の内容>]

Page Name : 耐震性能判定

Headline Links

Headline Top

Headline Profile

Headline Service

Headline Works

Headline Infornation

Headline Back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top | 耐震診断 | Q & A | お問合せ | Copy right ©2005 Gaia Co. Ltd. All rights reserved.